未分類

PC版ぷよぷよをやってみた感想 [Puyo Puyo Champions レビュー]

更新日:

はい、どうも!「Kouya Entertainment」ブログのKouyaです!

今回、ぷよぷよシリーズの最新作「Puyo Puyo Champions」をプレイしてみたので、プレイしてみた感想をお伝えしていきたいと思います。

それではレッツゴー↓

Puyo Puyo Championsとは?

2019年に海外を対象として発売された、PCでプレイできる唯一の純正のぷよぷよです。

ぷよぷよテトリスもPC版がありますが、ぷよぷよだけにフォーカスした作品はPuyo Puyo Championsのみです。



Puyo Puyo Championsで遊べる内容

残念ながらPuyo Puyo Championsにはストーリーモードはありません。

基本的にエキシビションマッチやオンラインマッチなど、対戦がメインのゲームとなっています。


ではどのようなゲームがプレイできるのか説明していきたいと思います。

ぷよぷよ通

ぷよぷよをあまりプレイしたことがない人にとっては、「」という言葉に疑問を持つかもしれませんが、普通のぷよぷよだと思っていただければ大丈夫です。


一般的なルールももちろんできますが、連鎖縛り何個くっつけるとぷよぷよが消えるのかというようなルールを変更することも可能です。



ぷよぷよフィーバー

ぷよぷよフィーバーと言えば、初心者の方でも大連鎖を撃つことができ爽快さを楽しめるのが特徴です。

フィーバーモードに突入すると↓

もともとのフィールドから、すでに連鎖組まれている状態のフィールドに切り替わります。

ぷよぷよ通とは異なり、キャラクターによって出てくるぷよぷよの形が異なるので、キャラ差が存在します。

自分にとって組みやすいキャラクターを選べたりと、自由度の高いモードとなっています。



勝ち抜きモード

勝ち抜きモードは、自分が負けるまでコンピュータと連続で戦い続けるモードです。

敵が次々と現れるので、ひたすら倒しましょう。


オンライン対戦

対戦ゲームと言えば、やっぱり対人戦ですよね。

ぷよぷよリーグというモードがあり、世界中の人とオンラインで対戦することができます。

対戦相手はランダムで選ばれ2本先取りした方が勝利となります。




先程、Puyo Puyo Champions ではぷよぷよ通とぷよぷよフィーバーの2つのモードがあるとお話ししました。

オンライン対戦では「ぷよぷよ通」のみ、「ぷよぷよフィーバーのみ」、「ぷよぷよ通とぷよぷよフィーバーの両方」というように、対戦ルールを決めることができ、好きなルールでのみ対戦することができます。

ぷよぷよ通のみ
ぷよぷよフィーバーのみ
ぷよぷよ通とぷよぷよフィーバー両方


また、ラグ無しで対戦したいという方は相手の通信速度を制限することができ
指定の通信速度以下の人とはマッチングしないようにすることができます。

しかし、相手の通信速度の設定をMAX以上にしても、ラグが発生する相手とマッチングしてしまうこともあります。

ですので、画像のように相手の通信速度の設定MAX以上に設定しておくことをお勧めします。



フレンド対戦(オンライン・オフライン)

オンラインでフレンド対戦することもできます。

最高で100本先取、99セットまで設定することができます。

ルームに鍵をかけることができるので、鍵を掛けなければ知らない人と対戦できますし、鍵を掛けて知らない人は入ってこれないようにすることができます。



オフライン対戦はもちろん普通に対戦することもできますが、トーナメント対戦も実装されています。





ぷよぷよeスポーツとの違い

実は、Puyo Puyo Championsは日本向けに発売されたぷよぷよeスポーツを海外向けに内容を少し変えたゲームとなっています。

つまり両者に違いはほとんどありません。

ぷよぷよスポーツと比べても基本的な操作性や速度などの仕様は変わっておりません。


そのため、Puyo Puyo Champions のタイトル画面では、ぷよぷよeスポーツとなっています。




しかし、唯一の違いがチャレンジモードの有無となっております。


チャレンジモードの有無

ぷよぷよeスポーツにはチャレンジモードというモードがあります。

チャレンジモードではスコアアタックや、タイムアタックを遊ぶことができます。


一方でPuyo Puyo Championsにはチャレンジモードはありません。

これがPuyo Puyo Championsとぷよぷよeスポーツの大きな違いです。



チャレンジモードはもともとぷよぷよeスポーツにもなかったのですが、アップデートで追加された要素です。

しかし、いずれPuyo Puyo Championsにもチャレンジモードが実装される可能性も十分あり得ると思います。



プレイしてみた感想

まず最初に感じたことは、キャラクターに目新しさを感じました。

アルル、アミティ、カーバンクルなど、定番のキャラクターもそろっていますが

ぷよぷよのソシャゲーであるぷよぷよクエストからのキャラクターの輸入もあって新鮮さを感じました。

ちなみに私はアレックスがお気に入りです。



そして、実際に対戦してみた感想ですが

ゲーム展開が速いと感じました。

というのも、ぷよぷよは作品によって細かい仕様が異なります。

ぷよぷよの自由落下の速度、強制落下の速度、おじゃまぷよが降ってきたときの硬直 etc…


Puyo Puyo Champions は強制落下の速度が速く、ゲーム展開が他の作品より速いと感じました。

個人的にはこの速さは好きです。

ぷよぷよの強制落下速度が速いということは、それだけ短時間で多くのぷよぷよを引くことができ、逆転のチャンスが高くなります。

そのため、圧倒的不利だと思っていたのに逆転勝利!というような熱い試合が多くなり、プレイしている側も観戦する側もより楽しめるのではないかと思います。



オンライン対戦は、海外勢の割合が他の作品と比べるとかなり多いと感じました。

ぷよぷよeスポーツはSwitchとPS4でプレイできるのですが、日本のストアでしか購入できないので、必然的に海外勢にとってはハードルが高くなってしまいます。


しかしPuyo Puyo ChampionsはSteamで販売されており、世界中で簡単に入手でき、世界中の人たちと対戦できるというのが魅力の1つだと思います。


世界の人と対戦するということは、ラグが発生しそう…という気もしますが
ラグに関しては場所はあまり関係ないように感じました。

韓国の方でも、アメリカの方でも、オーストラリアの方でも、快適に対戦出来ました。



ちなみにPuyo Puyo Championsは1100円とお手頃価格で購入できます。

興味を持った方は是非、一緒にぷよぷよを楽しみましょう!


それでは見て下さってありがとうございました

-未分類

Copyright© Kouya Entertainment , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.