未分類

Twitch 収益化の条件 私が達成までにかかった時間

更新日:

はいどうも! 「Kouya Entertainment」ブログのKouyaです!

以前、ブログで「YoutubeとTwitchの違い」について収益化などの比較を行いました。


▼まだ見ていない方はこちらの記事を参照。
過去記事:ゲーム配信をするならTwitch(ツイッチ)?Youtube(ユーチューブ)?—Twitchに決めた理由—




簡単におさらいするとTwitchは

「フォロワー数が50人+その他」

という条件で投げ銭とサブスクリプション機能が導入でき、フォロワー数が1000人必要なYoutubeよりもハードルが低いとお伝えしました。




そこで今回のブログでは

「私がTwitchでフォロワー50人を達成するまでの道のり」

についてお話したいと思います。


これからTwitchで配信を始める方の参考になれば幸いです。




それではレッツゴー↓

フォロワー50人獲得までの総配信時間

結果をお伝えする前に、総配信時間を計算するにあたって使用したTwitchのとても便利な機能についてお話します。


それがTwitchのアナリティクスという機能です。


見たい期間を指定でき、項目も豊富で自分のデータを詳しく見返すことができるので非常に便利です。
また、データをダウンロードしておくこともできます。



下記のグラフが私のフォロワー50人達成までのデータとなっています。
(1日ごとでしか設定できないので、ちょうど50人達成ではありません)

フォロワー50人までのアナリティクス


・総配信時間が104時間
・配信を始めた日から約3か月


おおよそ、ひと月当たりの配信時間は30時間、1週間当たりの配信時間が7・8時間といったところでしょうか。

正直なところ、これが早いのか遅いのかは分かりません笑



しかし、これがもしYoutubeだったとしましょう。

Youtubeの収益化の条件はフォロワー数1000人。

3か月でフォロワー50人ですので、1000人にフォローしてもらうのに単純計算で5年かかることになります。



恐ろしいです…

私だったら絶対に途中で飽きてしまう自信があります笑




でも達成できた時は嬉しかったですね。

こんな実況が下手な私でも、気に入ってくださる方がいるのは本当に嬉しいです。





フォロワー50人獲得までに実況したゲーム
(プレイ時間&フォロワー数)

ぷよぷよ



総配信時間:59時間11分
獲得フォロワー数:32




ぷよぷよは私のチャンネルのメインコンテンツと言っても過言ではありません。


対戦ゲームなのでゲームクリアという概念が無く、飽きない限りプレイし続けます。


獲得フォロワー数が最も多いのは、プレイ時間が多いからというのが一番の理由ですが、白熱した試合で盛り上がってくれているのも確かです。


得意なゲームがあればフォロワーを獲得しやすくなること間違いなしでしょう。





ポケモンイエロー(ピカチュウ版)



総配信時間:17時間52分
獲得フォロワー数:7




世界中で大人気のポケモンです。私も大好きです。




ぷよぷよ以外のゲーム実況配信は初めてということで、

・プレイしたことがある
・世界中で人気


という2点の理由でこのゲームを選択しました。





久々のポケモンで非常に楽しかったですが、フォロワー獲得数思ったより伸びなかったという印象です。


おそらく古いゲームだったというのが原因と考えられます。





考えてみれば分かりますよね。

視聴者の立場だったとして、「ポケモンのピカチュウバージョンの実況が見たい」

という気持ちになることってなかなかないですもんね





Undertale



総配信時間:26時間47分
獲得フォロワー数:13




続いてはアメリカで大人気のゲーム「Undertale」


つい先日、Deltaruneと呼ばれるUndertaleの続編?なるものが公開されましたね。




Undertaleはアメリカで人気で、その時の視聴者はアメリカ人が半分以上でした。

総配信時間26時間に対してフォロワー数が13人というのは、そこまで多い数字ではないと思います。

ですが、コメントが多かったのは覚えています。



視聴者のゲームに対する「熱」みたいなものを感じました。




Undertaleは人気ですが、私が配信をした時期は若干旬が過ぎていたような気がします。

しかし、人気のゲームをプレイすることは視聴者を増やす1つの手段と言えるでしょう。





フォロワー50人獲得までに意識したこと

配信するゲーム

配信するゲームに関しては主に2つのことを意識しています。

・自分が楽しめるゲームをやる
・ゲームタイトルが海外でもそれなりの認知度があること


この2つのことを意識しています。



1つ目は当然と言えば当然ですね。

1番大事なのは自分が楽しむことです!



配信者が楽しんでやっていると、視聴者も楽しくなってきます。

配信者がつまらなそうにやっていると、見てる側もつまらないですよね。





もう1つはプレイするゲームが海外でそれなりに認知されているということです。


その理由は、視聴者はゲームのカテゴリ検索を利用して配信を探すからです。

そもそもそのゲームが認知されていなかったらカテゴリ検索されず、配信が発見されないということになるからです。


ただ、フォロワーがそれなりにいる人は人気のゲームじゃなくても、フォロワーが見に来てくれるので、これを意識する必要はないかもしれません。





配信する時間帯

Twitchは日本人よりも外国人のユーザーが圧倒的に多いです。

もし、日本人だけではなく世界中から人が集まって欲しいのなら、時差に気を配って配信すると良いかもしれません。

かといって気にしすぎても世界中全員に合わせることは不可能なので、ある程度妥協は必要になりますね。


例えば、日本とアメリカの時差は約12時間なので、できるときは朝~昼にかけて配信するときもあります。



これは私の感覚なのですが、
日本時間の日曜日の昼頃(アメリカはだいたい土曜日の夜中ぐらい )の時間帯は来てくれる人が多い気がします。


次の日が休みで夜更かししているのかもしれませんね笑





フォローを促す

これが意外と大事です



私が配信しているときに、コメントはたくさん書いてくれるけどフォローはしてくれない。そういう視聴者が良く訪れます。

そしてその視聴者がフォローしてくれないまま配信が終わったりするときもあります。




こういう時に私がしていることがフォローを促すことです。

これが意外と効果があります。




私は配信の最後に一言


「もしよかったらフォローお願いします!」


そんな感じで声を掛けています。この一言でフォローしてくれることが多いです。



ちょっと信用できないかもしれないですが、配信の最後に一言声を掛けるだけなので、ぜひやってみることをお勧めします。




あと、理由はよく分からないですが配信が終わってから数時間後にフォローして下さる方もいます。


もしかすると、フォローし忘れてしまうということが多いのかもしれません。





いかがだったでしょうか、私がTwitchでフォロワー50人達成するまでにかかった時間、意識していること。

今回お話しした内容が少しでも参考になれば幸いです。


読んでくださってありがとうございました。

-未分類

Copyright© Kouya Entertainment , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.